マネジメント研修 戦力マネジメント 概要

《プログラム》

⑴AIの時代に直面するだろう課題
・AIの時代と課題
・主な戦力マネジメント手法のメリット、デメリット
⑵典型的な課題をどう解決するか1
・足を引っ張る人員と引っ張られる人員がいる場合のマネジメント
・TODOリスト化
⑶典型的な課題をどう解決するか2
・生産性向上に向けた人員整理のステップ
・TODOリスト化
⑷自社の置かれている状況の整理と自分はどうするか?
・正解有無×テクニカル・ヒューマンスキル
・状況整理から自分がやること
⑸自分宣言
・自社の方向性の宣言
・TODOへのFB、FBの反映

《Output》

Ⅰ.戦力マネジメント手法のメリット、デメリット整理図

Ⅱ.自社の置かれている状況宣言

Ⅲ.どうすべきか?の提案化と自分タスク宣言

Ⅳ.実現に向けた管理用タスクリスト

 ➡組織への共有・FB

《 課題1 》

Sさんは中途入社1年、子供がいる為残業なし、9時から17時までの勤務。
受注、申込受付、シフト調整、受注クロージング業務。
能力的に不足があり、同僚のJさんのサポートが欠かせない。
Sさんの教育・サポートでJさんの負荷が高い状況だが、資格が必要な職種で代わりを見つけるのが困難。
また、もう1名採用するほどの仕事量・資金面での余裕もない。
このままでは有能なJさんが辞めかねない状況。

《 課題2 》

A社は労働集約型の事業を展開しており、バブル期採用組が多い。
昨今のIT化の流れの中で事業は縮小傾向。
AIの実用化で、同事業の生産性は高められそう。
仮に生産性アップを実現できると、一部職種では20人中10人分の業務量削減となる。

本セミナーのお問合せについて

お問合せ先:創研Biz株式会社セミナー事務局 ℡:0120-971-254(通話料無料・携帯可)
受付時間:平日10:00-17:00(土日祝日休み)
mail: info@sokenbiz.com(24h受付・回答は翌営業日中)